放送を支えるプロフェッショナル

素材管理

ファイルベースステーション業務

  • FBSはまさに局内におけるターミナル駅のような存在!局内編集する上での基礎知識を習得できます。

    放送局の仕事というと、カメラや編集、音声などが思い浮かぶかと思いますが、その他にも数え切れないほど多くの業務があります。

    私が担当しているファイルベースステーション(以下、FBS)業務も、その一つです。数年前までは、撮影から編集、送出まで全て「テープベース」で行なっていましたが、現在はその殆どでテープレス化が進んでおり、「ファイルベース」として制作・運行が行われています。

    その中でFBSは、編集データを取り扱う業務です。具体的には、撮影・編集データの取り込みやファイル変換、様々なメディアへの書き出し等を行なっています。そのため、素材・クリーン・完プロといった編集で扱う様々なデータが行き来しますので、FBSはまさに局内におけるターミナル駅のような存在です。
    また、Avidの「Media Composer」を始め、局内で使用する様々な編集ソフトを扱うので、局内編集する上での基礎知識を習得することができるのです!

4Kインジェスト業務

  • まさに編集の事前準備。この業務では撮影や編集の知識、さらにはNHKのワークフローを学べる環境があります。

    4Kインジェスト業務は、持ち込まれた4K素材を編集ソフトでインジェストし、編集で使用する記録メディアへと保存する作業です。ただ、素材と一言で言っても様々で、撮影メディアも違えば、ファイル形式もカメラによって異なります。それを局内で編集できる形に変換するのが、私たちの仕事です。また、オリジナルデータのバックアップやオフライン用編集データの作成等も行なっています。

    まさに編集の事前準備であり、ここでしっかり準備しておかなければ、せっかくの4K画質を活かせないどころか、その後の編集作業にも支障が生じます。

    ただ、この業務では撮影や編集の知識、さらにはNHKのワークフローを学べる環境がある上、技術の発展とともに常に新たな技術に触れられる現場でもあります。そのため、現場の作業メンバーとは常に色々な素材と戦っていますが、興味もまた広がるばかりの現場だと思っています。

生字幕

  • 安定した放送を実現するためにも、事前の準備とチェックにプロとしての細心の注意が必要です。2006年入社/男性/専門卒

    字幕放送をご存じでしょうか。難聴者の方にもテレビ放送を楽しんでいただくために、テレビ番組の音声を文字情報として放送しています。現在私が主に担当している仕事は、生放送に対して字幕を付加し放送する生字幕業務です。安定した放送を実現するためにも、事前の準備とチェックにプロとしての細心の注意が必要です。

    プロになる意識を持て。入社当初、先輩がかけてくれた言葉です。テレビ放送における技術業務と一口に言ってもその範疇は広く、撮影から編集、放送まで身に付けなくてはならない技術や知識は多岐にわたります。本当に自分でもできるのだろうか。プロとして仕事をしていくことの難しさに戸惑っていました。プロとは自分で判断し、行動し、そのことに対して責任を持つことです。最初からプロである人などいない、みんな努力してプロになっていくのだと先輩は教えてくれました。先輩の言葉を聞いて、少しずつでもいいから前に進んでいこうと思うことができました。

    その後、様々な現場で多くのことを学ぶことができました。積み重ねた経験は私の財産であり、生字幕放送の現場でも大いに役立てています。また、私も今では新人の面倒を見るブラザーという立場から、後輩の育成に力を入れています。私もかつては迷える新人でした。ささいな変化も見逃さず、相手の気持ちをくんだ親身な指導を心掛けています。

シェアする?
  • LINEで送る
  • 公式Facebook
  • 新卒採用情報
  • 契約採用情報
お問合せ
〒150-0047
東京都渋谷区神山町7-10
いちご渋谷神山町ビル402
電話 03-5453-7471
FAX 03-5453-7288
アクセスマップ